「小さな恋のメロディ」騒動。

 

 それは、確か小学五年生くらいの時でした。

 

 当時、「小さな恋のメロディ」という、一世を風靡した

 映画がありました。

 

 初公開は、それより数年前でしたが、その頃、土曜の昼間の

 時間帯で「小さな恋のメロディ」が放映されたのでした。

 

 この作品のロードショー時の熱狂は、多分今では考えられない

 くらいのものだと思います。

 ・・かく言う、自分もその雰囲気には預かっておりません。

 ただ、当時の雑誌、ブロマイド、ポスター、レコード、

 などなど、アナログなメディアが繰り出した品々やその画像などは、

 数年たっても未だ巷のあちこちに見られたものです。

 

 そしてやってきたテレビ放映。

 自分たちの世代と等しく、ロンドンの小学生が学校に反抗心を見せながら、

 おそらく今では上映禁止になりそうなくらいの

 爆弾テロ(と言うほどのものではありませんが)を含めて、

 子供達の禁じられた遊びが続く中、

 女子と男子は恋の逃避行を企てます・・

 

 そうして映し出されるリアルな彼らの心理は、

 まさに自分たちの空気そのものでした。

 

 そうして土曜の午後が過ぎ、日曜が過ぎ、

 月曜の朝。

 

 なんと、登校して見たところ、隣のクラスの男女が

 手を繋ぎあって歩いている姿があちこちに現れたのでした。

 

 ・・どう言うわけか、自分たちのクラスでは全くそうした

 ことは起こらず、

 隣のクラスだけ、あの映画の恋物語が伝播したごとく、

 先週までそんな雰囲気は微塵もなかったその場末の小学校で

 突如現れた現象は一体なんだったのか。

 

 当時も今も謎のままです。

 

 自分はと言えば、虚しくレコードを買い、

 ビー・ジーズの美しいメロディに聞き惚れたものです。

 

 それはサントラLPとして買い求めた、多分

 最初のレコードでもありました。