チラシの宴。

 

 小学生の頃、つまり、70年代という時代に流行っていたもの

 に映画チラシがありました。

 

 当時ですら、一枚50円。ちょっと「格」がつくと、100円、

 時代を遡るにつれて、150円、300円、500円・・と値段が

 ついて行きました。

 

 地元で売っていたのは、鶴見駅ビルという、当時のデパートの

 6階、その切手売り場でした。

 

 切手もブームの頃でもあったので、

 切手を買いつつ、チラシをも買い求めるので、

 ほとんどのお小遣いは一時期、それらばかりに消えて行きました。

 

 例えば、チャツプリンのものなどは、当時大々的にリバイバル

 され、それが終わりかけた頃、確か150円から250円くらいの間で

 売られていました。

 

 自分が求めたのは、まず自分が見た映画であり、そして

 チャップリン、さらに有名な「ゴッドファーザー」、

 衝撃を受けた「2001年宇宙の旅リバイバル版などなど、

 

 当時名作と言っても、見られない映画の方が多かったのですが、

 中にはNHKで見た「禁じられた遊び」が金色仕様のリバイバル・チラシ

 もあり、350円くらいで買ったように記憶しています。

 

 そんなものを頻繁に買い求めに来る謎の小学生を売店の

 おばさんはどのような思いで売られていたのでしょうか・・

 ほとんど会話も、なかったように思います。

 

 今や廃刊になってしまった「ロードショー」という雑誌・・調べたら、

 なんと1972年に創刊したばかり、だったとは知りませんでした・・

 や今も出ている「スクリーン」誌などの別冊として、映画チラシ全集、

 というようなものがいくつか出ていました。

 

 そこには往年の映画のチラシが多々掲載されていて、そうした本からまず、

 どの時代にどんな映画があったのかを知識として得ていたように思います。

 

 特に今でも印象に残るのは007の亜流の映画群です。最近では

 いくつか見られるようになってきましたが、当時はどうあがいても

 見ることのできない、見たくてたまらない幻の映画群でした。

 

 また「2001年」の初公開時のチラシなどはそのまま原寸大で

 表裏を印刷してあるページもあり、それは切り抜いて買ったチラシと一緒に

 保存したりしました。

 

 ・・おそらく戸棚の奥の奥を探せば、それらのチラシは厚いファイルに

 入って眠っているはずです。

 そんなチラシ・ブームが去ったのも、80年台前半ではなかったでしょうか。

 やはりヴイデオが出てきたことで、作品をイメージとしてではなく、

 映像そのものを持つ時代に変わって行ったように思います。