三原舞依選手

 

 

「・・どれほど美しく音楽が素晴らしい振り付けと結ばれるもの

 なのか、個々の要素が、一つの芸術となり得るのか。

 

 あらゆる要素とそのつなぎにも同じように注意を向けた

 バランスがそこにはありました。

 

   彼女は真に音楽を理解しているのです。」

 

 そう、1964年のオリンピック・メダリスト、 

 ディッビ・ウィルクスは

  三原舞依選手のことを

 先月のオータム・クラシック大会でコメントしていました。

 

 それを伝えるジャパン・タイムスのジャック・ギャラガーも

 こう記しています。

 

 「・・素晴らしく人を魅了するオーラを

  まとったスケーティング、

  それは書き表す事もできない程のものです」

 

 深く深く感動を与えてくれる三原舞依選手は

    21世紀フィギュアスケートにあって

 最高の選手、と思います。

 

 

www.youtube.com    

japan open 2017