「ビリー・リンの永遠の1日」

「私は新しい試みをするための言い訳が必要でした。

 

 兵士としての戦いやそのアドレナリンを

 故郷へ持ち帰った若者ビリー・リンがダラスで

 いかに狂気に乗り入れるのかを、

 より明確に見せるためのそれは試みなのです。」

 

 戦場からアメリカに戻った貧しい兵士がハリウッドの後援する

 ダラスのショーに出演する物語を描いたアン・リーの新作

「ビリー・リンの永遠の1日」。

 

 残念なことに日本では配信とdvdスルーになりました。

 

 映画史上初の4k、60pの3dによる撮影とともに

 その内容からアメリカでも敬遠されたようですが、

 

 アン・リーのこれまでにない洗練された

 作品に思えました。

 

 

www.youtube.com