生誕150周年記念企画展 南方熊楠-100年早かった智の人-

 

Edit

f:id:salier:20180130170303j:plain

 

 

「君は知らんだろうが、欧米では競ってエコロジーを研究しておる」

  ある時、

  県庁の役人に対して、熊楠はそう言いました。

 

 「昼間は主として変形菌を顕微鏡で見ながら

  記載の仕事を続け、

  夕方から夜にかけて茸の写生と自分で決めて

  いるようだった」

 

 と長女、文枝が語るように

  描かれた細やかな多くのキノコ等、

 のみならず、

 ロンドン留学の折のイラストのついた絵葉書、

 熊楠が採取に使った様々な道具、

 虎研究の図が展示されています。

 

 雨にけふる神島を見て紀伊の国の

 生みし南方熊楠を思ふ

 

 と昭和天皇は読み、

 

 「凡てにおいて不器用な人であったが

 茸の解剖だけは実に巧であった」

 

 と文枝氏は後に振り返りました。

 

南方熊楠生誕150周年記念企画展「南方熊楠-100年早かった智の人-」(2017年12月19日(木) ~2018年3月4日(日))- 国立科学博物館